11月度の医療コンサル情報公開2010年11月30日

ご依頼内容

11月度の医療コンサル一部情報公開

対策内容

当社の活動で得た医療経営にご参考になる情報の一部を公開します。

対策内容詳細

平成22年11月

今月の当社の医療経営コンサルに関連する情報の一部ではありますがご紹介します。

 

【医科クリニックのコンサルティング】

 

「労働契約書は退職時をメインに作成する」


労働契約書について当社が懇意にさせて頂いている社会保険労務士さんに指導を仰ぎました。

①労働通知書になっていませんか?労働契約書が望ましいです。

②労働契約書には細かく退職と解雇について書かれていますか?

上記2点は非常に重要!!

ぜひ、ご確認ください。

 

 

「HPにグーグルアナリティクスを導入して高度な対応策がねられる」


Google Analytics グーグル アナリティクスはグーグル社が無料で提供するアクセス解析サービス。

 

クリニックのHPを役立ててますか?こんな事が出来ます。

→どこからアクセスしているか分かるので、ちゃんと近隣から検索されるHPにする。

→どのページをどれだけ見ているか分かるので、情報を充実させる所が分かる。

→どんなキーワードで来ているか分かるので、より高めたい検索キーワード対策が分かる。

→なぜ見に来たのかを予測できるので、患者ニーズに現場を合わせられる。

→数字で出るので効果測定が出来る。

などなど。

 

今の世の中はデータ収集は無料で出来る可能性が増えてきました。

だからこそ・・・

データの分析と活用、そして対応策の企画力が求められる時代になりました。

これは使えます。

(今のHPにも導入できますので、気になる方はお気軽にお問合せどうぞ!)

 

【歯科クリニックのコンサルティング】

 

「予防歯科の新しいあり方の提案」

 

今回、検査キットを出している会社と打ち合わせ中にこんな提案がありました。

歯科で予防歯科があるように。今後は検査も予防する為の検査。

DNAなどから分かるリスク検診を歯科へ導入出来ないだろうか?

DNAから見るとこの人は将来こういうリスクがある可能性がある・・・・など。

今後もこの予防歯科について取り組んでまいります。(途中報告)

 

「自費と保険の上手なバランスとは」

 

自費100%だとかなり商業的なイメージがある。

保険100%だとかなり経営に負担をかけるイメージがある。

 

いったい、どのような割合で自費を取り組んだらよいのだろうか?

生半可な取組じゃ質の低い医療行為を提供してしまう・・。

 

これらの問題は色々なところで聞かれます。

どこまで、研究し、どこまで手を出してよいか・・・。

 

自費と保険の割合をバランスよく導入する戦略とは??

自費30%保険70%の場合なら・・・こんな戦略やこんな取組。

自費50%保険50%の場合なら・・・こんな戦略やこんな取組。

などなど。

 

歯科の将来的な経営戦略は終わりがありません。

今後も取り組んでまいります。

 

【その他医療経営情報】

 

「院長の為の資金活用セミナー開催予定」

→可処分所得を増やす1つの手段。それは資金活用・運用。