平成23年4月度の活動2011年05月01日

ご依頼内容

平成23年4月度の当社の活動の一部をご報告いたします。

対策内容

当社をより知って頂きたい事が目的です。

対策内容詳細

【医療経営への取組】

 

■レセコンを通じて現場を良くする活動(企画段階)を始めました。

レセコンを有効利用して従業員満足度を向上する取組を始めました。
ミスなどの減少を狙ったリスクヘッジや業務効率の向上が狙いです。
その他にも診療点数について派生していく方向性で進めております。

 

■歯科向けの自費率を向上するコーチング研究を始めました。

コーチングの中には「ヒアリング」力を高める部分があります。
患者様のニーズ(欲求)を引き出す事が出来れば、その欲求を叶える事が
自費診療であることが多くあります。
コーチングを利用して自費率を向上するのが狙いです。

 

■クリニックで行える検診項目をまとめる取組をしております。

検診は患者様に対する予防効果が非常に高くあります。
しかし、現状では検診項目を知らないという理由で多くの方が未検診です。
検診項目をまとめ診察券などに含める事で検診受診率の向上が狙いです。

 

■某内科の開業レセプションに行って参りました。

最近の開業状況は初期費用が非常に安くなっております。
名古屋圏では開業の内覧会は業者様が無料で行う事が多くあります。

当社では開業による内覧会の存在価値を非常に高く考えております。
医療マーケティングを加味した内覧会のプラン、アイデア、取組、を行えば、
開業後に多くの広告宣伝費に匹敵すると考えております。

今後、開業におけるプロモーションを企画する予定です。

 

■介護ツーリズムの実施を企画し始めました。

介護を受けている方もご家族の方も旅行などの楽しみを
「我慢」「諦め」ている現状があるとのことをケアマネから頂き、
また終活についてのニーズもあるとの事でした。

介護サポート万全の状態で終活(遺言や相続)を温泉をつかりながら
行うというツアーです。

 

【その他一般業種へのコンサルティング】

 

■医療・士業へのより一層の特化を行います。

現在まで当社の得意分野である小売・サービス・飲食のご相談を
受けておりましたが減少することに致しました。

より一層、医療・士業に特化しクライアント様の最大利益を追求致します。

 

■小売店のコンサルティングを終了いたしました。

コンサルティング目標 前年対比売上120%をクリアしました。

 

 

【税理士・司法書士・行政書士・社労士への取組】

 

■大手社労士事務所と医療系マーケットへの取組を企画し始めました。

医療経営を取り巻く環境は行動化すると共にリスクも非常に増えてきました。
医療現場における労働リスクも他業種同様の状況となる為、
いち早く、医療労働問題を解決すべく取組ます。

 

■特化型税理士法人のブランディングが進んでおります。

税理士法人の見込客獲得の業務提携プランを2件、マーケット獲得を4件。
同時タスクで行っております。
(守秘義務により以上)

 

■税理士事務所の拡大プランを進めております。

会計事務所の吸収合併を視野に入れた拡大路線を行っております。
(守秘義務により以上)

 

■税理士事務所の歯科顧問獲得プランを進めております。

エリアマーケティングを加味した歯科医院の獲得を進めております。
(守秘義務により以上)

 

■司法書士事務所の相続業務提携を進めております。

司法書士と税理士との連携から相続案件のシナジーを生むプランを進めております。
(守秘義務により以上)

 

【その他取組】

 

■産学官連携研究会に参加しております。

当社から産学官連携の可能性について発表させて頂きました。